ソテツ
Cycas revoluta
ソテツ科ソテツ属


130616_0700.jpg
2013.6.16

葉の隙間からぴょんと出ている別の種類の植物は隣に植えてあるツバキです。ソテツの葉は硬く尖っており、当たるととても痛いです。ツバキの剪定時、その葉があたり危ないので、ソテツを短く切っています。剪定後の葉もいつまでも硬いので処分時に注意が必要だと思います。ソテツは祖父の管理していたころに植えたものと思われます。背が高くなるので他の植物の日当たりの関係も考えなくてはならないし、植える場所を見定める必要がある植物だと思いました。


130616_0701.jpg


130616_0702.jpg


131215_7070.jpg
2013.12.15

雄花です。


131215_7071.jpg

鱗片に朽ちたスポンジみたいなふかふかしたものがついています。


131215_7072.jpg

一枚一枚裏側に胞子嚢が付いていました。ざっと見ましたがほぼ全て口が開いているようでした。トライポフォビアの方はご注意ください。


131215_7073.jpg


131215_7074.jpg


131215_7076.jpg


131215_7077.jpg


131215_7078.jpg


160829_2944.jpg
2016.8.29

右側は短く切った幹です。その根元から新しい葉が出ています。


160829_2945.jpg

葉に付いている水滴は雨です。


160829_2946.jpg


160829_2948.jpg


160829_2949.jpg

ぶった切った幹の上部から出ていた新しい葉です。先端がくるりと丸まり、まだ柔らかく、ふわふわとした毛が生えており、素手で簡単に根元からぽきぽきと折ることができます。葉を整理するときはなるべく早い、柔らかい時期にした方がいいとわかりました。


160829_2950.jpg


160829_2952.jpg


160829_2953.jpg


160829_2954.jpg


160829_2959.jpg


160829_2960.jpg


160829_2961.jpg


160829_2962.jpg

アオバハゴロモがいます


160829_2963.jpg


160829_2964.jpg

新しい葉の奥に雄花が生えていました。


160829_2965.jpg


160829_2966.jpg

新しい葉を全て取ったところです。


160829_2967.jpg


160829_2968.jpg

雄花の鱗片を見ると、まだ裂けていないように見える嚢がいくつかありました。


160829_2969.jpg


160829_2970.jpg


160829_2971.jpg


160829_2972.jpg


160830_2977.jpg
2016.8.30

幹のわたわた


160830_2978.jpg


160907_3174.jpg
2016.9.7

伸びないように幹を切りました。


160907_3175.jpg


160907_3176.jpg


160908_3294.jpg
2016.9.8

柔らかいうちに取り除いた葉をしばらく置いておきました。硬化せず柔らかいままで、素手で扱えました。どういう形に育てていくか考えて、早めに葉を処理すれば随分と楽なのだと思いました。


160908_3295.jpg


160908_3296.jpg

左の濃い緑が硬くなった葉です。


160908_3298.jpg


160908_3299.jpg


160908_3301.jpg


160908_3304.jpg